2017年01月20日

[課外授業]音の高さについて

(MabiIcco愛用者さんは読まなくても大丈夫です)
「3ml editor」をとりあえずインストールしてみたそこのあなた!
まず音を適当に打ち込んでみましょう。
音の長さとかは後回しで大丈夫です(後述しますハイ)

音は
C=ド
D=レ
E=ミ
F=ファ
G=ソ
A=ラ
B=シ
の7音で構成されています。普通の鍵盤と同じですね。

最初の音といったらまずはドですよねーってことで「c」を入力。
c4.png
とりあえずここで鳴らしてみましょう。音がなればなんでもオーケーです。

ミッション1:「ドレミファソラシ」と鳴らしてみよう!
これはカンタン!上に書かれている通りに書いてみましょう。
「cdefgab」と(カタカタ

cdefgab.png

ここまでできたら鳴らしてみましょう!
ミッション1:コンプリート!!

でもドレミファソラシ…だけだとなんか終わった気がしないの私だけですかね。
ドレミファソラシ「ド」って綺麗に終わりたくないですか!!
という訳でまだまだ話は続きます。


さて、話はそれますが、ここで左のc3、c4、c5、c6にお気づきの方いらっしゃいませんか。
これはオクターブをあらわしています。
(例えば、「オクターブ3」の領域はc3と書かれた「ド」〜c4と書かれたドの一つ下の「シ」です)
何もオクターブ指定をしなければ、デフォルトである「オクターブ4」で打ち込みが始まります。

「もっと高い(低い)音からはじめたいなぁ」
と思ったそこのあなた!
オクターブは「o」という文字で管理されています。
(私は一番最初に「o4」「o5」など、オクターブを書き込むことが多いです。)
試しにオクターブの指定をして鳴らしてみましょう!

ミッション2:オクターブ3に指定してみよう!

というわけで「o3」をドレミファソラシ(「cdefgab」)の前に入力…

o3cdefgab.png
さて、鳴らしてみましょう。
……い、いぶし銀?
ミッション2:コンプリート!!

さて、こんな風にオクターブを操作できるのならドレミファソラシ「ド」で終われそうですが…
実はもっとカンタンにオクターブを行き来できる記号があります。
「>」「<」この2つです。
「>」は上のオクターブに、「<」は下のオクターブに持っていく事ができます。ベンリ!
というわけで最後のミッションだー!

ミッション3:ドレミファソラシ「ド」と鳴らしてみよう!

上のオクターブに持ち上げるから、「>」を使って…
「cdefgab>c」と打ってみました。

cdefgabc.png
お、綺麗に並んだんじゃないかな!という訳で鳴らしてみましょう!
デキター!!!!!
ミッション3:コンプリート!!

次回は音の長さについて語ります。
posted by 海崎みぎり at 09:20| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: