2017年01月23日

[課外授業]リズムのお話

ライブで曲聴いてるとき、手拍子したりしますよね。
リズムに乗るといいますか。
今回の記事は「リズム」についてお話したいと思います。
…えー。リズムについてどう説明すりゃいいのか非常に迷うところですが。
前授業で音の長さは1/2ずつになるーとかいう話はしましたけど、
(「[課外授業]音の長さ1(全〜64分音符)」)で「?」って感じでしたよね。スミマセン。

突然ですが次の曲を聴きながら手拍子してみてください。
手前味噌で申し訳ないですが・・・・。

(「星は歌う」作詞作曲:海崎みぎり)
今一定のリズムで刻んでいるこれ、4分の4拍子と呼ばれるやつです。
1・2・3・4、1・2・3・4…

さて、4分の4拍子とはなにかといいますと、
1つの箱(小節)に4分音符が4つ入っていますよ、ということです。
いきなり言われても「は?」って感じですが…
この1つの箱には様々な音符が入ります。

zenhaku.png 全音符なら1つ。

2haku.png 2分音符なら2つ。

4haku.png 4分音符はさっき言ったように4つ。

8haku.png 8分音符は8つ。※

16haku.png
16分音符は16個。

36haku.png
32分音符は32個…おおいっ 猫○スより足多いよ!?ムカデ!?

そういうわけで1小節に64部音符は64個入ります(省略
これは4分の4拍子の場合だけです。
3ml44.png mabico44.png
ツールで見るとこんな感じの切り口になります。4分音符が4つ!

※8分になったとたんに合体するのはナンナノヨと思われがちですが、
これは1秒でも早く読むのが早くなるようにと工夫されているのです。
♪←これが4個並んでいるのと上の4つ繋がっている8分音符、
比べると上のほうが見やすいですよね・・・・。笑
32分音符なんかになればなおさらです。


では別の拍子の曲を聴いてみましょう。
また手前味噌・・・orz

(「ヴィヴァーチェ」作曲:海崎みぎり)
これで手拍子してみると1・2・3、1・2・3、のリズムですよね?これは4分の3拍子。
4分の3拍子なら4分音符が3つ、で1箱セットになります。
この箱(小節)の中に綺麗に収めたのを並べたのが楽譜です。
maku_score2.png
(「幕は上がる」の一部 作曲:海崎みぎり)
これは4分の3拍子の楽譜です。
SnapCrab_NoName_2017-1-6_0-32-4_No-00.png mabico34.png
ツールで見るとこんな感じ。同じ4分音符ですが、3つ収まって1箱になってますね。


一定のリズムを打って、これは1・2・3のリズムだな、とか、1・2・3・4のリズムだな、とか分かると、とても便利です。
特に4分の4拍子は覚えておきましょう。(mmlエディターの基本形になっているくらいです)

耳コピする時に必要なのは、メロディーの音の高さとリズムを正確に聞き取る能力です。
そういう能力を鍛えるのはちょっと時間がかかります・・・。
しかし、不可能ではありません。
自分の好きな曲でリズムを取りながら、(一つの箱にどんな風にリズムが入っているかな?)と考えてみたり、楽譜を読める方は一小節にリズムがどう入っているかよく確認してみることをオススメします。

もっと詳しくリズムについて知りたい!という方はこちらをご覧ください。
「リズムを基礎から理解しよう(拍子編)」
posted by 海崎みぎり at 13:15| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: