2017年01月23日

[課外授業]トラック数を増やす(3ML editorの場合)

みなさんおはようございます。海崎です。
このブログが少しでも誰かの役に立つといいなと思いつつ、
楽しんで記事を書いています。えんじょーーーーーい!(叫

さて、本日は「トラック」についてのお話をしたいと思います。
乗り物のほうではないです、音楽に関するトラックです。
よく耳にすることもありますよね。

「3ML editor」の場合
まず試しに起動してみると、最初はトラック数が3つです。
「Track1」「Track2」「Track3」の3つ。
tracksuu.png
これはマビノギ内のソロ楽譜(1人で演奏する楽譜)を作るのに最低限必要なトラック数だと思います。
マビノギの楽譜は「メロディー」「和音1」「和音2」の3つで構成されています。
つまり、1つの楽器で同時に3音まで出すことが可能です。(シロフォンや小太鼓、大太鼓、シンバルなど、例外もあります)

しかし、2人以上、つまり合奏の楽譜を場合を書く場合はどうでしょう。
3つのトラックで足りますか?……足りませんね;
そこで、トラックを新しく追加してみようと思います。
trackadd.jpg
メニューバーの「トラック」をクリックして、「トラック追加」を選択。
すると……
track4.png
「Track4」が追加されました。ヤッタネ!
この時「001:リュート」になっている部分を自分の好きな楽器に指定するのを忘れずに。
リュートやマンドリン、フルート、バイオリン、ピアノなど、
同時に3和音出せる楽器なら一気に「Track6」まで追加してもいいかもしれません。

でも「Track1」とかだと何の楽器のどこにあてる音だっけ、となりますね。
名前をつけておくのがいいと思います。
「Track1」などかいてあるタブの部分をダブルクリックすると、
namechange.jpg
名前変更ができるようになります。
ちなみにメニューバーの「トラック」から
「トラックプロパティ」を選んで変更することも出来ます。

参考程度に私の合奏楽譜のタブを載せておきます。
(クリックして閲覧推奨)
alltrack.png
クリックが面倒な方は下記参照です。笑

1フルート
2シャリュモーA
2シャリュモーB
3リュートA
3リュートB
4バイオリンA
4バイオリンB
5リラ
6シンバル

私は「数字」「楽器」「A、B、C」と記述して管理しています。
数字=追加何個目の楽器か
楽器=楽器名
A、B、C=この楽器の何番目に追加したトラックか
です。
短ければ短いほどトラック管理が楽ですからね!
ちなみにタブをクリックしたまま左右に引っ張ると、順番を変更できます。

Before
trackchange.png

After
trackchange2.png
ねっ!

今回はメニューから選択して追加する方法を紹介しましたが、
作業が慣れてきたらショートカットキーを利用することをおすすめします。
「Ctrl+T」キーでパッと追加できます。

長くなってしまったので、「MabiIcco編」は別記事で書きます。
posted by 海崎みぎり at 16:05| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: