2017年01月23日

[課外授業]グループ機能-譜面の整理(3ML editor)

こんにちは海崎です。
トラック数が増えると、どれが何の楽器かわかり辛くなりますね。
それに書き出しもちょっと面倒くさくなります。
なので、「グループ」という機能を利用することをおすすめします。
まずメニューバーの「トラック」から「トラックプロパティ」を選択。(またはAlt+Enterキーをプッシュ)

今回はリュートとフルートの2合奏の譜面を作ってみました。
6つトラックがあって少しごちゃごちゃしていますね…。
3ml_musicp1.png
ここで左上の「追加」をクリックしてみましょう。
すると…
3ml_musicp2.png
一番下に「グループ1」というフォルダが追加されました!

後はこれの名前を変更して…
3ml_musicp3.png
該当トラックを放り込んでおくだけ!
3ml_musicp4.png
トラックの順番を変えたりしても、グループはキープされます。
3ml_musicp5.png
書き出しをする時も一括でまとめて書き出せるので、
非常に便利です。
3ml_kakidashi.png
「リュート」と「フルート」でそれぞれまとめて書き出し!
あとは「MMLをコピー」して楽譜に「クリップボードを読み込む」でうつすだけです。

ただし、注意することがひとつ!
テンポ設定は楽器ごとに行わなくてはいけません。
つまりここでは、「リュート」「フルート」それぞれに「t(数字)」という記述を入れないといけない、ということですね。
8人合奏などになってくると、「あ!テンポ入れ忘れたー!」とかザラにあるので注意してください。笑
posted by 海崎みぎり at 16:36| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: