2017年01月23日

[課外授業]音の大きさ(ボリューム)を変更しよう

音の大きさ変えたいなーと思うこと、ありませんか?
こんばんは、海崎みぎりです。
これをなくしてmmlでの音の「表現」は出来ない!いやそうに違いない!
というわけで、今回は「音の大きさ=ボリューム(ベロシティ)」についてのお話です。
マビノギの音楽のボリュームは、「v」という文字で表記されます。
そして、何も記述しない場合の音の大きさ(デフォルトの音量)は「v8」です。
数値は0〜15まであります。「v0」〜「v15」ですね。

突然ですがここでミッション。
ミッション:音量を変更してみよう!
まあそんな難しいミッションじゃないですよね…!

3ML editorの場合
「v」の変更をmmlで入力します。
たとえばこんな譜面があったとしましょう。
3ml_volumebefore.png
「ドーレミファーーレーミファソーードーーーー」
っていうだけの楽譜です。オクターブ低め。
ここにボリュームで変化をもたらしてみましょう〜
3ml_volumeafter.jpg
3箇所(1小節目、2小節目、3小節目の直前)に入れてみました。
それぞれv10、v12、v10です。ちょっと差がわかりにくいかなと思った方はv5、v15、v5くらいにしてみても良いかも?

あとは再生するだけ!
ミッション:コンプリート!

MabiIccoの場合
まず音量を変更したい音を右クリックして「ノートのプロパティー」を選択します。または左ダブルクリック!
mabico_notep.jpg
そうすると「ノートのプロパティ」が表示されます。
mabico_v2.png
ここで「音量コマンド」を選択して好きな数値にカチカチ変更。

mabico_v3.png
さっきの3ML editorと同じ感じにしてみました。

あとは再生するだけ!
ミッション:コンプリート!

「v0」なんて無音じゃん、使い道あるのー?
なんて思われがちですがあります。あるんです。
詳しくは追々説明出来ればなと思います。
posted by 海崎みぎり at 16:42| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: