2017年01月23日

[課外授業]拡大・縮小

そろそろ名前を覚えていただけたでしょうか。
こんばんは海崎です。

今回はツールの拡大縮小についてお話したいと思います。
4分音符とか全音符なんかだと、そのままの設定でも十分見やすいのですが、32分音符・64分音符を使ってみたりだとか、全体のオクターブを総じて見たいだとか、という時には、ちょっと困りますよね。
そういう時に用いるのが「拡大・縮小ツール」です。

3ML editorの場合
通常だとたぶんこれくらいの大きさで見えていた!はず!
3ml_zoom.jpg
そして右下にあるスクロールバーをちょちょっといじると拡大縮小が出来ます。
たとえば縦のスクロールバーを一番上にすると…
3ml_small.png
オクターブ範囲めっちゃ広く見えるようになります。
高い音から低い音まで丸見え!

逆に横のスクロールバーを一番左にすると…
3ml_small2.png
小節がぎゅっと詰まって見えます。
大体自分の使い方に合わせて変えるといいのではないかなと思います。

MabiIccoの場合
mabico_zoom.jpg
この「拡大縮小ツール」を使うのも勿論ありです。
しかしまびこは非常に細かい点を打ったり長い線を引いたりと、流動的な扱い方をするmmlエディターです。
出来れば以下のレクチャーを念頭に置き、作業を効率化させることをおすすめします。

それは…
「Ctrlキー」+「マウスホイールの上下」。
ただこれだけです。これだけですがめっちゃ万能です。
mabico_small.png
デフォルトだとこれくらい。全音符が2センチくらいですかね。
この状態でCtrlキーを押しながらマウスホイールを上に押し上げます。
mabico_chu.png
あ、だいぶ伸びましたね。
さらに伸ばしてみます。
mabico_long.png
なっがーーーーーーーい。収まりきってないです。
でも64分音符を打つときなんかはこれくらいにして使います。

「Ctrlキー」+「マウスホイールの上下」
しっかり覚えておいてくださいね!
posted by 海崎みぎり at 16:47| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: