2017年01月23日

[課外授業]休符を使ってみよう(「r」の使い方)

こんばんは、海崎です。
今日は雪が降った地域もあったそうですね。皆さん寒さに負けずがんばりましょう…!

というわけで、今日は今更になりますが休符のお話です。
休符は「音がない」つまり無音の符号です。
mmlでは「r」と記述します。
例としてこちらをご覧ください。
mary.png
はい、メリーさんの羊(4分の4拍子)ですね。
よく見ると今までなかった記号があります。
kyuuhu.jpg
これが休符です。
休符にも種類があるので、紹介をしておきますね。

1kyu.png これが全休符。(mmlでは「r1」と記述)
全音符と同じ長さです。(1小節埋めます)

2kyu.png これが2分休符。(mmlでは「r2」と記述)
全休符に似てますが…こちらは五線の上に乗っかってます。

2to4nochigai.jpg
比較するとわかりやすいかな!

4kyu.png  そしてよく使われる4分休符。(mmlでは「r4」と記述)

8kyu.png と、8分休符。(mmlでは「r8」と記述)

16kyu.png そして16分休符(mmlでは「r16」と記述)

その他32分休符(mmlでは「r32」と記述)と
64分休符(mmlでは「r64」と記述)があります。

3小節くらい休符が続くときは「r1r1r1」と記述するのもありですね。
posted by 海崎みぎり at 16:51| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: