2017年01月23日

[課外授業]MIDIファイルの取り込み

こんにちは。すっかり手が温まってきた海崎みぎりです。(…
今回はMIDIファイルの取り込みについてお話したいと思います。
MIDIファイル、昔はよく見かけましたよね〜
今でも結構配布されているサイト様はあります。
そういうサイトからお借りして、MIDIをmmlに変換して演奏する、というのもひとつの手です。
では早速やってみましょう!

ミッション:MIDIファイルを取り込んでみよう!

「3ML editor」の場合
メニューバーの「ファイル」から「標準MIDIファイルを入力」を選択。
midioutput2.jpg
そして入力したいMIDIを選択!
midi_import.png …なんか細かい設定あるけどよくわからない!
ということでそのままOKを押してしまう私、、、
bocchi.png あれ。和音2まで埋めたはずなのにぼっち……
トラック1個しか読み込まれてないよ…

というわけで先輩に相談(自分で調べなさい
ここにチェックを入れないとだよーっと教えて頂きました
checkmidi.jpg 1MIDIトラック→複数MMLトラック変換!
これで無事に読み込むことができました。

でもたまに、上手く読み込めないファイルやぐちゃぐちゃになって読み込まれるファイルもあるようです…。
上手くいけば便利ですが、上手くいかないこともある、ということを念頭に置いておいてください。

MIDI編集ソフトでは「Domino」というフリーソフトがあるので、そちらで編集したのを取り込みというのもいいかもしれませんね。

ミッション:コンプリート(一応)!

「MabiIccoの場合」
新しいMabiIccoにMIDIインポート機能がついたということで、早速いじってみました!

まずはメニューバーの「インポート」を選択〜。
mabico_mml_import.png

さあ、MIDIファイルを選びますぜふっふっふ
というわけで学生時代(xx年前)のMIDIオリジナル曲を引っ張り出してきました。
music_choice.png

ここで一発で読み込みしてくれるファイルとそうでないファイルがあるようです。
複雑な作りをしているものなのかな??

track_choice.png
というわけで、複雑なものは必要なものだけ選んでインポート!

rainyday.png
じゃじゃぁーん。
取り込み完了です!

ミッション:コンプリート!
posted by 海崎みぎり at 17:06| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: