2017年06月11日

「MisicQ_DLS170117」フォルダの使い方

みなさんこんにちは!
MML講座を受講してくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今回は何度も「拡張ファイル」と呼んでおすすめしていた
「MisicQ_DLS170117」フォルダについてご説明します。
(このフォルダは、zipファイルとしてこちらからダウンロードできます)
これは拡張ファイルというより「楽器定義ファイル」と「音色設定ファイル」の入ったファイル、
と呼ぶのが本当は正しいです。。。実際の機能を拡張するわけではありません。
なぜこれをお勧めしていたかといいますと、
「3ML editor」をダウンロードしただけでは、ハープやチューニングフルートなど、
比較的新しい楽器の音色が入っていないからです(2017年3月現在)。
新しい楽器を利用した曲を書きたい方のために、
口をすっぱくして「ファイルのダウンロードを〜」と申しておりました。
では、早速この「MisicQ_DLS170117」フォルダを利用して
新しい楽器の音色に対応した3ML editorにしましょう!


1.中身の確認
では、早速ダウンロードしたフォルダの中身を確認してみましょう。
migi001.jpg
・MSXspirit.def(楽器定義ファイル)
・MSXspirit20170114.dls(DLS音色ファイル)
・readme.txt(テキストファイル)
この3つのファイルが入っています。
ここから先は使い方の説明になりますが、それは「readme.txt」にも書いてあります。
早く使いたい!という方は、そちらをご覧になってくださいね。

ちなみに、DLSファイルは楽器の音が収録されてるファイルで、
DEFファイルはその楽器の音と名前の対応を設定しているファイルです。
これを設定しないとマビノギの演奏音が再生されなかったり、
リストに楽器の名前が載っていないなどの不都合が生じます。


2.フォルダの準備、defファイルとdlsファイルの移動
migi002.jpg
まず、3ML editorのフォルダ内に「SoundFonts」フォルダを作ります。

migi003.jpg
次に、「MSXspirit.def」ファイルを、3ML editorの中の「Presets」フォルダ内にコピーします。
※同じ名前のフォルダがあるので、上書きしてください

migi004.jpg
そして、「MSXspirit20170114.dls」ファイルを
先ほど作った「SoundFonts」フォルダ内にコピーします。
ここまでできたら、「3ML editor」を起動します。

3.「3ML editor」の設定
migi005.jpg
メニューバーの「設定」から、一番下の「環境設定」を選びます。
新しいウィンドウが開いて、「一般」タブが選択されている状態になっているはず。

ここで「MIDI」タブに切り替えます。
migi006.jpg
そして、「楽器プリセット」の「楽器定義ファイル」に注目。
右にあるフォルダのアイコンをクリックします。
migi007.jpg
先ほど上書きした「MSXspirit.def」ファイルを選択し、「開く」を選択します。

次に、「DLS演奏」タブを選択します。
migi008.jpg
そして、「音色設定」の「DLS音色ファイル」に注目。
ここでも、右にあるフォルダのアイコンをクリックします。
migi009.jpg
ここで先ほど作った「SoundFonts」フォルダを開き、
「MSXspirit20170114.dls」ファイルを選択して「開く」を選択します。

migi010.jpg
最後に一番下の「OK」をクリックして設定完了!

4.確認する
migi011.jpg
左上の楽器一覧タブを開いてみましょう。
新しい楽器がリストに追加されているはずです。
また、書き込む欄に適当な文字(c4c4c4....など)を書き込んで
新しく追加された楽器のほか、今までもあった楽器の音色も再生してチェックしてみましょう。
(上手くいかない場合は「3ML editor」を再起動してみましょう)
問題なければ、これで設定は完了です!お疲れ様でした!!


……というわけで、いかがでしょうか。
ツールを使いなれていない方には結構大変な作業ですが、
ここを乗り越えておけばぐっとMMLの幅が広がること間違いなしです。
なんとか踏ん張ってください……!
分からないことや困ったことがありましたら、メモなりコメントなりでご連絡ください。
お力になれるよう尽力いたします!


Special Thanks:Emiliaさん(画像作成ありがとうございました!)
posted by 海崎みぎり at 00:00| Comment(0) | mml講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: