2017年01月23日

[課外授業]3ML editorの音源を増やす(拡張)

おはようございます。暇人・海崎みぎりです。(…
「3ML editor」を使い慣れてきた人からこんな声を聞くようになりました。
「なんか、自分の使いたい楽器が選択肢にないんですけど…」
ongen.jpg
ちなみにマビノギインストールしてないとこんな感じです。
3ML editorを単純にインストールしただけだと、
項目の中に「バイオリン」や「チェロ」、「リラ」、「歌」なんかがない状態です。
(これは昔からある楽器と新しく追加された楽器の差です)
そこで、今回はバイオリンなどを追加するための方法についてご説明させていただきます。

まずは[こちら]をお読みくださいー。
ねお(よしき)さんが作ってくださった「3ML wiki」の一部です。
ご本人が記述してくださっているように、楽器プリセットファイル「MSXspirit.def」の置き場です。
…楽器プリセットファイルとは、と説明できればいいんですが…すみません、うまく説明できません。。。少なくとも、「3ML editor」ツール内で音を鳴らすのに必要なファイル…といいますか、音色を選ぶときの表示に関わってきます!
※2017/01/20 追記しました。
MSXspiritDL.jpg
ここをクリックしてダウンロード、保存します。中を開けるとこんなものが。
MSX.png
このフォルダをあけたまま、「3ML editor」の中身をぱこっと開きます。

mmlfolder.png
そして"Presets"の中に「MSXspirit.def」を放り込みます。
これで完了!

もしくはアジアート様のブログから一式をダウンロードすることができますー。
しかし、前にアジアート様のブログで記述があったように
音源を切り替えて使う仕様になっているので、
ハープとその他の楽器などを同時に再生することは出来ません…。残念。
ですが、基本的によく使う楽器は同時に鳴らせることが多いので
ぜひ使ってみることをおすすめします。

※2017/01/23 追記
美吉野さんが新しいdlsをまとめてDLできるようにしてくださったようです。
DLは[こちら]から
posted by 海崎みぎり at 16:57| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]hの扱い

こんばんは海崎みぎりです。
今日ちょっと驚きの事実が判明したので思わず書き込み。

唐突ですが音名の話をします。
いつも使っているドレミファソラシド、は通常CDEFGAB。
イタリア音名です。
日本は、はにほへといろは。
ドイツ音名だとCDEFGA「H」になります。
そして衝撃の事実・・・
hdemoikeru.jpg
「h」でも「b」と同じ扱いになる…!
つまりシミミーとか書くの「hee2」でも「bee2」でもいいわけですよ!
知らなかったので衝撃の事実でした。。。
posted by 海崎みぎり at 16:38| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]合奏終わりのタイミングを揃える

初・NOTビギナー向け記事です。どきどき…海崎です。
よ、よろしくおねがいしまぁぁぁす!!(テンパり

合奏楽譜を書き始めてから暫く経過した頃のことでした。
そのときは歌がメロディーラインで、
あとはギターやパーカッション(小太鼓、大太鼓、シンバル)と
バンド形式の曲を書いていました。
いざ合奏!じゃんじゃかじゃーん…ららららー♪
そして私は、終わりごろになって「アッ」とひとつのことに気がつきました。
そう。歌が終わったあと棒立ちになっている私(ボーカル)の後ろで演奏が続いているのです…え、この間なんか気まずい。ドウシヨ

mmlデータを開いてみてみると…
mabico_end.jpg
当たり前なんですが後ろの方がすっかすか。デシタ。
しかも終わりが楽器ごとに全部ばらばら……。

ここでmml熟練者の方にアドバイスいただき、修正したのがこちら。
mabico_soroe.jpg
最後にちょこっとv0を置くという手法です。
これで間も無音ではありますが歌っている風に見せることができました。
他の楽器についても最後を修正し、終わりがきっちり揃いました。
教えてくださった方に感謝です・・・!
posted by 海崎みぎり at 16:19| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする