2017年01月24日

[課外授業]MIDIの取り込み(MabiIcco編)

同じことを[前記事]でも書いてますが、ここでもかきますねー
新しいMabiIccoにMIDIインポート機能がついたということで、早速いじってみました!

まずはメニューバーの「インポート」を選択〜。
mabico_mml_import.png

さあ、MIDIファイルを選びますぜふっふっふ
というわけで学生時代(xx年前)のMIDIオリジナル曲を引っ張り出してきました。
music_choice.png

ここで一発で読み込みしてくれるファイルとそうでないファイルがあるようです。
複雑な作りをしているものなのかな??

track_choice.png
というわけで、複雑なものは必要なものだけ選んでインポート!

rainyday.png
じゃじゃぁーん。
取り込み完了です!
posted by 海崎みぎり at 10:24| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

[課外授業]mmlをMIDIにして書き出そう!

何度目でしょうか。
こんにちは、海崎みぎりです。
今回は[前回]の逆、自分の作ったmmlをMIDIにして書き出す作業に挑戦してみたいと思います。

これは3ML editorでもMabiIccoでもカンタンにできます。

3ML editorの場合
メニューバーから「ファイル」、「標準MIDIファイルを出力」をクリック。
3mloutput2.jpg
あとは保存先を指定し、名前をつけて保存すればおっけーです!

MabiIccoの場合
同じく、メニューバーの「ファイル」から「MIDIファイルに出力」です。
mabico_output.jpg
あとは保存先を指定し、名前をつけて保存すれば完了!

ただこれ、マビ音源ではない音源での出力になります。
o2とかボボボって恐ろしい音になります…。
綺麗に整えたい方にはMIDI編集フリーソフト、「Domino(http://takabosoft.com/domino)」を使うことをおすすめします。
posted by 海崎みぎり at 17:10| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]MIDIファイルの取り込み

こんにちは。すっかり手が温まってきた海崎みぎりです。(…
今回はMIDIファイルの取り込みについてお話したいと思います。
MIDIファイル、昔はよく見かけましたよね〜
今でも結構配布されているサイト様はあります。
そういうサイトからお借りして、MIDIをmmlに変換して演奏する、というのもひとつの手です。
では早速やってみましょう!

ミッション:MIDIファイルを取り込んでみよう!

「3ML editor」の場合
メニューバーの「ファイル」から「標準MIDIファイルを入力」を選択。
midioutput2.jpg
そして入力したいMIDIを選択!
midi_import.png …なんか細かい設定あるけどよくわからない!
ということでそのままOKを押してしまう私、、、
bocchi.png あれ。和音2まで埋めたはずなのにぼっち……
トラック1個しか読み込まれてないよ…

というわけで先輩に相談(自分で調べなさい
ここにチェックを入れないとだよーっと教えて頂きました
checkmidi.jpg 1MIDIトラック→複数MMLトラック変換!
これで無事に読み込むことができました。

でもたまに、上手く読み込めないファイルやぐちゃぐちゃになって読み込まれるファイルもあるようです…。
上手くいけば便利ですが、上手くいかないこともある、ということを念頭に置いておいてください。

MIDI編集ソフトでは「Domino」というフリーソフトがあるので、そちらで編集したのを取り込みというのもいいかもしれませんね。

ミッション:コンプリート(一応)!

「MabiIccoの場合」
新しいMabiIccoにMIDIインポート機能がついたということで、早速いじってみました!

まずはメニューバーの「インポート」を選択〜。
mabico_mml_import.png

さあ、MIDIファイルを選びますぜふっふっふ
というわけで学生時代(xx年前)のMIDIオリジナル曲を引っ張り出してきました。
music_choice.png

ここで一発で読み込みしてくれるファイルとそうでないファイルがあるようです。
複雑な作りをしているものなのかな??

track_choice.png
というわけで、複雑なものは必要なものだけ選んでインポート!

rainyday.png
じゃじゃぁーん。
取り込み完了です!

ミッション:コンプリート!
posted by 海崎みぎり at 17:06| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]mmlの最適化(3ML editor)

結局暖房に負けました(ピッ←リモコンでスイッチON
こんにちは海崎です。
今回は文字数を減らす方法のひとつ、「最適化」についてお話します。
最適化をすることによって無駄が省かれ、一気に文字数が減ります。ためしに昔作ったソロ楽譜を最適化したところ
753文字→736文字になりました。ヒエェ。

方法は簡単で、メニューバーから「トラック」を選び
「最適化」を選択するだけです。
saiteki1.jpg
すると選択しているトラックだけが最適化されます。

一気に全て最適化したいときは、「最適化オプション」から
「すべてのトラックを最適化」を選択します。
saitekiall.jpg
たったこれだけ!簡単ですね。
ただ最適化した場合、自分がどこらへんまで書いたかがパッと見でわからなくなったり、演奏してみると自分の思ったような音が出ない、といったことに見舞われることがあります。
なので最後に最適化をかけるとか、最適化専用のファイルを作る、なんてことをすると良いかもしれませんね。

ちなみにMabiIccoは打ち込んでいくと自動的に最適化されながら制作が進んでゆきます…。
posted by 海崎みぎり at 17:03| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]音の高さを絶対値指定?「n」(ノート)

こんにちは。手がかじかんでいるのに暖房つけずに乗り切ろうとしている海崎です。
本日は「ノート(音の高さ)」の絶対値指定をできる記号「n」についてお話します。
音の高さを絶対値指定できる、というのは、
オクターブが〜とか書かずにその音を指定できるってことですね。
ちなみにnは0〜96まで設定可能です。

たとえば、「o4c8」と打った場合。
3ml_o2c8.png こんな風になりますね。

これを「n」を使って記述すると…
3ml_n24.png
どどーん。あれでも4分音符…
もし後ろに8をつけて「n248」とすると「nの高さ=248」になるので音が出ません。
コマッタナ。
実はnを使うときはたいてい前に「l(L)」があることが多いです。
ドレミファソラシドなんかを「n」で書いてみると……
3ml_n.png
うわぁ。
ちょっと読みづらい気がしないでも…ゲフン
nの0〜10はオクターブ0の音なので、3ML editorには反映されません。(見えません)
が、n0〜n96まで対応しています(ただしツールで音が出るのはn84=o7のドまで)
※2017/01/15 22:10頃、誤情報掲載のため修正しました

あまり私は使うことがない記号ですが、文字数削るのに使ったりしている方もいるようです。
余裕があったらお試しあれ!
posted by 海崎みぎり at 17:01| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]3ML editorの音源を増やす(拡張)

おはようございます。暇人・海崎みぎりです。(…
「3ML editor」を使い慣れてきた人からこんな声を聞くようになりました。
「なんか、自分の使いたい楽器が選択肢にないんですけど…」
ongen.jpg
ちなみにマビノギインストールしてないとこんな感じです。
3ML editorを単純にインストールしただけだと、
項目の中に「バイオリン」や「チェロ」、「リラ」、「歌」なんかがない状態です。
(これは昔からある楽器と新しく追加された楽器の差です)
そこで、今回はバイオリンなどを追加するための方法についてご説明させていただきます。

まずは[こちら]をお読みくださいー。
ねお(よしき)さんが作ってくださった「3ML wiki」の一部です。
ご本人が記述してくださっているように、楽器プリセットファイル「MSXspirit.def」の置き場です。
…楽器プリセットファイルとは、と説明できればいいんですが…すみません、うまく説明できません。。。少なくとも、「3ML editor」ツール内で音を鳴らすのに必要なファイル…といいますか、音色を選ぶときの表示に関わってきます!
※2017/01/20 追記しました。
MSXspiritDL.jpg
ここをクリックしてダウンロード、保存します。中を開けるとこんなものが。
MSX.png
このフォルダをあけたまま、「3ML editor」の中身をぱこっと開きます。

mmlfolder.png
そして"Presets"の中に「MSXspirit.def」を放り込みます。
これで完了!

もしくはアジアート様のブログから一式をダウンロードすることができますー。
しかし、前にアジアート様のブログで記述があったように
音源を切り替えて使う仕様になっているので、
ハープとその他の楽器などを同時に再生することは出来ません…。残念。
ですが、基本的によく使う楽器は同時に鳴らせることが多いので
ぜひ使ってみることをおすすめします。

※2017/01/23 追記
美吉野さんが新しいdlsをまとめてDLできるようにしてくださったようです。
DLは[こちら]から
posted by 海崎みぎり at 16:57| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]符号をまとめる記号「L」

こんばんは、海崎です。
皆様mmlには少しずつ慣れてきましたか?
今日はそんな皆さんに「早く言えよ!」とツッコまれそうな内容になります。ゴメンナサイ

その内容というのは、「L(l)」という記号の存在についてです。
これ、とってもとってもとーーーーーーっても便利な記号なんです!

たとえば、カエルの歌を数小節書いてみると、
4分音符が大量に含まれていますよね。
省略して書き上げることが出来れば、もっと楽だとおもいませんか?
「L」はそれを実現可能にする記号です。

「L」を最初に置くことで、
「ここから先、後ろに数字(音の長さ)が書かれていないものは
全てこの数値(音の長さ)にしてください」という指示を与えることができるのです。

c4d4e4f4e4d4c2 e4f4g4a4g4f4e2
「ドレミファミレドー ミファソラソファミー」
これが、こうなります。
「l4」cdefedc2 efgagfe2
み、短い!圧倒的に短い…!

皆さんもぜひ、活用してみてくださいね。
posted by 海崎みぎり at 16:52| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]休符を使ってみよう(「r」の使い方)

こんばんは、海崎です。
今日は雪が降った地域もあったそうですね。皆さん寒さに負けずがんばりましょう…!

というわけで、今日は今更になりますが休符のお話です。
休符は「音がない」つまり無音の符号です。
mmlでは「r」と記述します。
例としてこちらをご覧ください。
mary.png
はい、メリーさんの羊(4分の4拍子)ですね。
よく見ると今までなかった記号があります。
kyuuhu.jpg
これが休符です。
休符にも種類があるので、紹介をしておきますね。

1kyu.png これが全休符。(mmlでは「r1」と記述)
全音符と同じ長さです。(1小節埋めます)

2kyu.png これが2分休符。(mmlでは「r2」と記述)
全休符に似てますが…こちらは五線の上に乗っかってます。

2to4nochigai.jpg
比較するとわかりやすいかな!

4kyu.png  そしてよく使われる4分休符。(mmlでは「r4」と記述)

8kyu.png と、8分休符。(mmlでは「r8」と記述)

16kyu.png そして16分休符(mmlでは「r16」と記述)

その他32分休符(mmlでは「r32」と記述)と
64分休符(mmlでは「r64」と記述)があります。

3小節くらい休符が続くときは「r1r1r1」と記述するのもありですね。
posted by 海崎みぎり at 16:51| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]拡大・縮小

そろそろ名前を覚えていただけたでしょうか。
こんばんは海崎です。

今回はツールの拡大縮小についてお話したいと思います。
4分音符とか全音符なんかだと、そのままの設定でも十分見やすいのですが、32分音符・64分音符を使ってみたりだとか、全体のオクターブを総じて見たいだとか、という時には、ちょっと困りますよね。
そういう時に用いるのが「拡大・縮小ツール」です。

3ML editorの場合
通常だとたぶんこれくらいの大きさで見えていた!はず!
3ml_zoom.jpg
そして右下にあるスクロールバーをちょちょっといじると拡大縮小が出来ます。
たとえば縦のスクロールバーを一番上にすると…
3ml_small.png
オクターブ範囲めっちゃ広く見えるようになります。
高い音から低い音まで丸見え!

逆に横のスクロールバーを一番左にすると…
3ml_small2.png
小節がぎゅっと詰まって見えます。
大体自分の使い方に合わせて変えるといいのではないかなと思います。

MabiIccoの場合
mabico_zoom.jpg
この「拡大縮小ツール」を使うのも勿論ありです。
しかしまびこは非常に細かい点を打ったり長い線を引いたりと、流動的な扱い方をするmmlエディターです。
出来れば以下のレクチャーを念頭に置き、作業を効率化させることをおすすめします。

それは…
「Ctrlキー」+「マウスホイールの上下」。
ただこれだけです。これだけですがめっちゃ万能です。
mabico_small.png
デフォルトだとこれくらい。全音符が2センチくらいですかね。
この状態でCtrlキーを押しながらマウスホイールを上に押し上げます。
mabico_chu.png
あ、だいぶ伸びましたね。
さらに伸ばしてみます。
mabico_long.png
なっがーーーーーーーい。収まりきってないです。
でも64分音符を打つときなんかはこれくらいにして使います。

「Ctrlキー」+「マウスホイールの上下」
しっかり覚えておいてくださいね!
posted by 海崎みぎり at 16:47| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]音の大きさ(ボリューム)を変更しよう

音の大きさ変えたいなーと思うこと、ありませんか?
こんばんは、海崎みぎりです。
これをなくしてmmlでの音の「表現」は出来ない!いやそうに違いない!
というわけで、今回は「音の大きさ=ボリューム(ベロシティ)」についてのお話です。
マビノギの音楽のボリュームは、「v」という文字で表記されます。
そして、何も記述しない場合の音の大きさ(デフォルトの音量)は「v8」です。
数値は0〜15まであります。「v0」〜「v15」ですね。

突然ですがここでミッション。
ミッション:音量を変更してみよう!
まあそんな難しいミッションじゃないですよね…!

3ML editorの場合
「v」の変更をmmlで入力します。
たとえばこんな譜面があったとしましょう。
3ml_volumebefore.png
「ドーレミファーーレーミファソーードーーーー」
っていうだけの楽譜です。オクターブ低め。
ここにボリュームで変化をもたらしてみましょう〜
3ml_volumeafter.jpg
3箇所(1小節目、2小節目、3小節目の直前)に入れてみました。
それぞれv10、v12、v10です。ちょっと差がわかりにくいかなと思った方はv5、v15、v5くらいにしてみても良いかも?

あとは再生するだけ!
ミッション:コンプリート!

MabiIccoの場合
まず音量を変更したい音を右クリックして「ノートのプロパティー」を選択します。または左ダブルクリック!
mabico_notep.jpg
そうすると「ノートのプロパティ」が表示されます。
mabico_v2.png
ここで「音量コマンド」を選択して好きな数値にカチカチ変更。

mabico_v3.png
さっきの3ML editorと同じ感じにしてみました。

あとは再生するだけ!
ミッション:コンプリート!

「v0」なんて無音じゃん、使い道あるのー?
なんて思われがちですがあります。あるんです。
詳しくは追々説明出来ればなと思います。
posted by 海崎みぎり at 16:42| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。