2017年01月23日

[課外授業]hの扱い

こんばんは海崎みぎりです。
今日ちょっと驚きの事実が判明したので思わず書き込み。

唐突ですが音名の話をします。
いつも使っているドレミファソラシド、は通常CDEFGAB。
イタリア音名です。
日本は、はにほへといろは。
ドイツ音名だとCDEFGA「H」になります。
そして衝撃の事実・・・
hdemoikeru.jpg
「h」でも「b」と同じ扱いになる…!
つまりシミミーとか書くの「hee2」でも「bee2」でもいいわけですよ!
知らなかったので衝撃の事実でした。。。
posted by 海崎みぎり at 16:38| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]グループ機能-譜面の整理(3ML editor)

こんにちは海崎です。
トラック数が増えると、どれが何の楽器かわかり辛くなりますね。
それに書き出しもちょっと面倒くさくなります。
なので、「グループ」という機能を利用することをおすすめします。
まずメニューバーの「トラック」から「トラックプロパティ」を選択。(またはAlt+Enterキーをプッシュ)

今回はリュートとフルートの2合奏の譜面を作ってみました。
6つトラックがあって少しごちゃごちゃしていますね…。
3ml_musicp1.png
ここで左上の「追加」をクリックしてみましょう。
すると…
3ml_musicp2.png
一番下に「グループ1」というフォルダが追加されました!

後はこれの名前を変更して…
3ml_musicp3.png
該当トラックを放り込んでおくだけ!
3ml_musicp4.png
トラックの順番を変えたりしても、グループはキープされます。
3ml_musicp5.png
書き出しをする時も一括でまとめて書き出せるので、
非常に便利です。
3ml_kakidashi.png
「リュート」と「フルート」でそれぞれまとめて書き出し!
あとは「MMLをコピー」して楽譜に「クリップボードを読み込む」でうつすだけです。

ただし、注意することがひとつ!
テンポ設定は楽器ごとに行わなくてはいけません。
つまりここでは、「リュート」「フルート」それぞれに「t(数字)」という記述を入れないといけない、ということですね。
8人合奏などになってくると、「あ!テンポ入れ忘れたー!」とかザラにあるので注意してください。笑
posted by 海崎みぎり at 16:36| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]テンポ(曲の速さ)を変更してみよう

こんばんは海崎です。
今日は曲のテンポ(速さ)についてお話したいと思います。

曲は穏やか〜なゆっくりのテンポのものもあれば、
激しく荒々しいテンポの速いものもありますね。

さて、では早速今日のミッション!
ミッション:作った曲のテンポを変更してみよう!


前の記事で作ったものでも、自分で作ってみたものでも構いません。
まずはmmlファイル(mmiファイル)を用意します。

MMLでテンポを変更するときは、「t」という記号を使用します。
マビノギで操作できるテンポは「32」〜「255」程度となっていますが
(MabiIccoのテンポ参照)
mmlエディターのファイルは基本「t120」に設定されています。

3ML editorの場合
単純に「txx(テンポの数字)」を入力するだけでおkです。
tempo1.png tempo2.png
ためしに再生してみると速くなったり遅くなったり。
ネ、カンタンデショ!

MabiIccoの場合
意外と気づかれないテンポ変更の仕方…。
まず上の小節部分(0〜数字が書いてあるところですね)を右クリック。すると、
mabico_tempochange.png
こんな表示が!
微かに見える黄色い点は、テンポ変更する位置を示しています。
ここでテンポ挿入をクリック。
mabico_tempochange2.png
あとはテンポを好きな数値に変更して…
(ここでは65に変更してみます)
mabico_tempoafter.png
「t65」という表記が入りましたね。
あとは試しに再生してみて、違いを比べてみてください。

テンポ変更については後述しますが、MabiIccoの方が全ての楽器一括で管理してテンポ調節してくれるのでラクです。
posted by 海崎みぎり at 16:33| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seisiun of Erin the last【演奏会】

2017年1月8日、日曜日。22:00ちょっと前。
イリア大陸ラノ地域、ムユ砂漠の端にある「ドラゴンの墓」にて。
私の主催する演奏会、「Seisiun of Erin」の第五回(最終回)が行われました。

session1.png
1時間前くらいですがそこそこのお客さん…!ありがたいことです
ninzu1.png ←某野鳥の会の方が数えてくださいました!

そして始まった1次会!
session7.jpg
演奏曲目は「IRIAシリーズ」。
イリア大陸全土を旅するような気分で聞けるメドレーを自作したものです。
session2.png
ninzu2.png  ←某野鳥の会の方が(ry
5曲35分と非常に長い演奏でしたが、沢山の方が集まってくださいました…!
ピーク時には開催チャンネルを混雑にするほどの集客ぶりでした。。。
ninzu3.png とのことでした!本当にありがとうございます。
session5.png
そして迎えた二次会。
沢山の素敵な曲を聴くことができて大満足でした。
特にある方が私の曲を編曲して持ってきてくださったのには大感動…!作曲ヤッテテヨカッタ

session3.png
そんなこんなで充実した演奏会でした!
ご来場いただいた皆様、そしてお手伝いしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
posted by 海崎みぎり at 16:24| Comment(0) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]いろんな拍子のmmlを作ってみよう

また拍子の話カヨ。ってかんじですが。こんにちは海崎です。
よく使われる拍子でミッションを作ってみました。

ミッション:以下の4つのメロディー全てをmmlで書いてみよう!

4分の4拍子

4bun4.png

耳コピ用音源:


正解はこちら。

クリップボードにコピー
-ランクF


4分の3拍子
4bun3.png 


耳コピ用音源


正解はこちら。

クリップボードにコピー
-ランクF


4分の2拍子
4bun2.png

耳コピ用音源



正解はこちら。

クリップボードにコピー
-ランクF

8分の6拍子
8bun6.png 
耳コピ用音源


正解はこちら。

クリップボードにコピー
-ランクF

[前回のまとめ記事]を見ながら書くとやりやすいかもしれませんね。




どこがどう違うのかは
私の口からはとても説明できないので
外部サイトを参考にしてみてください…!

posted by 海崎みぎり at 16:22| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]mmlの記述、まとめ

こんにちは、海崎です。
大分mmlについて語ってきたのですが、
小出しだったので混乱した方もいるのではないでしょうか。
というわけで、今まで話したことをまとめてみました。

mmlでの音の高さの表記の仕方
ド:C
レ:D
ミ:E
ファ:F
ソ:G
ラ:A
シ:B

mmlでの音符の表記の仕方
全音符:1
2分音符:2
4分音符:4
8分音符:8
16分音符:16
32分音符:32
64分音符:64
付点:「.(ドット)」

音の表記は「c4」「d8.」のように、
「音の高さ」+「音の長さ」という表記をする。

シャープ、フラット
#:「+(プラス)」
♭:「-(マイナス)」

オクターブ
「o(0-8の数字どれか)」と記述
一つ下のオクターブにするときは「<」
一つ上のオクターブにするときは「>」

タイ
「&」
同音を繋げて鳴らすことができる。「c&c」のように記述する。

----------------------------------------------------------------
ここからは後で出てくる記述です。

テンポ
「t(32〜255)」

ボリューム(音量)
「v(0〜15)」

休符
「r」

符号をまとめて記述
「l(L)」

絶対値で音を指定
「n(0〜96、3ML editorでは12〜84しか視認できない)」
posted by 海崎みぎり at 16:21| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]合奏終わりのタイミングを揃える

初・NOTビギナー向け記事です。どきどき…海崎です。
よ、よろしくおねがいしまぁぁぁす!!(テンパり

合奏楽譜を書き始めてから暫く経過した頃のことでした。
そのときは歌がメロディーラインで、
あとはギターやパーカッション(小太鼓、大太鼓、シンバル)と
バンド形式の曲を書いていました。
いざ合奏!じゃんじゃかじゃーん…ららららー♪
そして私は、終わりごろになって「アッ」とひとつのことに気がつきました。
そう。歌が終わったあと棒立ちになっている私(ボーカル)の後ろで演奏が続いているのです…え、この間なんか気まずい。ドウシヨ

mmlデータを開いてみてみると…
mabico_end.jpg
当たり前なんですが後ろの方がすっかすか。デシタ。
しかも終わりが楽器ごとに全部ばらばら……。

ここでmml熟練者の方にアドバイスいただき、修正したのがこちら。
mabico_soroe.jpg
最後にちょこっとv0を置くという手法です。
これで間も無音ではありますが歌っている風に見せることができました。
他の楽器についても最後を修正し、終わりがきっちり揃いました。
教えてくださった方に感謝です・・・!
posted by 海崎みぎり at 16:19| Comment(0) | mml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]拍子を設定しよう

こんにちは、海崎です。
今回するのは、[前の記事]で紹介したリズムの話と
非常に関係が深い話、拍子の設定についての話です。
実はこの機能、私はついこの間知りました。(どーん

楽譜を見ながらmmlをうつして書いていく人にも、
オリジナル曲を作る人にも非常にお役立ちな機能です。
3ML editorとMabiIccoの場合に分けて説明していきますね。

3ML editorの場合
メニューバーの「ファイル」から「プロパティ」を選択します。
するとこんな画面がでてきます。
3mlp.png
右下あたりに「拍子(B)」 「4 / 4」という表示がありますね。
つまり4分の4拍子に設定されていますよ、ということです。

実際にエディターの書き込みが反映される部分を見てみると、
3ml4bun4.png
確かに4つ線が入っていて、「0」と「1」の境目(4本目)が一番濃い色ですね。(ピンクのバーは4分音符のドです)

4分の4拍子の場合、このひとつの箱(小節)ごとに
1・2・3・4、1・2・3・4、と収めていきます。

ですが、[前記事]で紹介した「ヴィヴァーチェ」のようにリズムが1・2・3だった場合は?
崩れてしまってとてもごちゃごちゃした状態になってしまいますよね。
そこでこの「プロパティ」の「拍子」をいじります。
3ml4bun3.png
4分の3に変更!
すると…
3ml4bun3_2.png
なんということでしょう!(…
3つごとに部屋が区切られた仕様になります。
これで、1・2・3、1・2・3、…と収めていくことが可能ですね。

MabiIccoの場合
メニューバーの「ファイル」から「プロパティ」を選びます。
するとこんな画面がでてきます。
mabicop.png
<拍子>のところがやはり「4 / 4」になっていますね。
これも4分の4拍子に設定されていますよ、ということです。

作業画面で見てみると…
mabicohyoushi.png
やはりこちらも「0」と「1」の境目(4本目)が一番濃い色。
(赤い点は4分音符のドです)

3ml editorのほうでもいいましたが、
4分の4拍子の場合、このひとつの箱(小節)ごとに
1・2・3・4、1・2・3・4、と収めていきます。

でも、[前記事]で紹介した「ヴィヴァーチェ」のようにリズムが1・2・3だった場合は?
崩れてしまってとてもごちゃごちゃした状態になってしまいますよね。
そこでこの「プロパティ」の「拍子」をいじります。

3ml4bun3.png
左の「4」を「3」にしてみます。
すると…

3ml4bun3_2.png
3つで1セットの箱が並ぶ仕様に変化しました!
この箱に1・2・3、1・2・3…と収めていけばいいわけですね。

ただ、これは拍子が最初から最後まで固定されている場合のみ有効です。
途中で4分の4拍子だったのが曲中で4分の3拍子に変化する!
…なんてときには使えません。あしからず。
posted by 海崎みぎり at 16:14| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]トラック数を増やす(MabiIccoの場合)

というわけでMabiIcco(以下まびこ)でトラックを増やす場合の
お話をしておきたいと思います。海崎です。
ちなみに読みは「うみざき」ではなく「かいざき」です。
か い ざ き です。笑

さて、今日はまびこのトラックについてのお話です。
mabico_track.png
これは「MabiIcco(以下、まびこ)」の右下の部分ですね。
まびこは「メロディー」「和音1」「和音2」を
セットで用意してくださっているので
3ML editorよりも楽器ごとの管理が楽です。

トラックを追加するには、メニューバーから
「トラック」を選択して「トラック追加」をします。
mabico_trackadd.jpg
追加!(クリック

すると、新たなトラックが追加されます。
mabico_trackadded.png
「Track2」が追加されました。
あとは、「0:リュート」になっている部分を自分の好きな楽器に指定すればオッケーです。

ただ、「Track1」「Track2」…となると、何の楽器だったっけ?、となりがちです。
ので、トラック名を編集しておくといいと思います。

「トラック」から「トラックプロパティ」を選択。
mabico_trackp.jpg
するとトラック名を編集する画面が出てくるので、ここで名前を変更します。
mabico_trackp2.png
ここでは例として「マンドリン」と入力。

mabico_trackp3.png
あとはマンドリンの音色に変更して、トラック追加は完了です。

慣れてきたらショートカットキーを使うと楽です。
トラック追加は「Ctrl+Tキー」、
トラック名変更は「Alt+Enterキー」で出来ます。

ちなみにMabiIcco(最新版)は16トラックまで対応しています。
合奏楽譜を書くときには、活用してみてくださいね。
posted by 海崎みぎり at 16:08| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[課外授業]トラック数を増やす(3ML editorの場合)

みなさんおはようございます。海崎です。
このブログが少しでも誰かの役に立つといいなと思いつつ、
楽しんで記事を書いています。えんじょーーーーーい!(叫

さて、本日は「トラック」についてのお話をしたいと思います。
乗り物のほうではないです、音楽に関するトラックです。
よく耳にすることもありますよね。

「3ML editor」の場合
まず試しに起動してみると、最初はトラック数が3つです。
「Track1」「Track2」「Track3」の3つ。
tracksuu.png
これはマビノギ内のソロ楽譜(1人で演奏する楽譜)を作るのに最低限必要なトラック数だと思います。
マビノギの楽譜は「メロディー」「和音1」「和音2」の3つで構成されています。
つまり、1つの楽器で同時に3音まで出すことが可能です。(シロフォンや小太鼓、大太鼓、シンバルなど、例外もあります)

しかし、2人以上、つまり合奏の楽譜を場合を書く場合はどうでしょう。
3つのトラックで足りますか?……足りませんね;
そこで、トラックを新しく追加してみようと思います。
trackadd.jpg
メニューバーの「トラック」をクリックして、「トラック追加」を選択。
すると……
track4.png
「Track4」が追加されました。ヤッタネ!
この時「001:リュート」になっている部分を自分の好きな楽器に指定するのを忘れずに。
リュートやマンドリン、フルート、バイオリン、ピアノなど、
同時に3和音出せる楽器なら一気に「Track6」まで追加してもいいかもしれません。

でも「Track1」とかだと何の楽器のどこにあてる音だっけ、となりますね。
名前をつけておくのがいいと思います。
「Track1」などかいてあるタブの部分をダブルクリックすると、
namechange.jpg
名前変更ができるようになります。
ちなみにメニューバーの「トラック」から
「トラックプロパティ」を選んで変更することも出来ます。

参考程度に私の合奏楽譜のタブを載せておきます。
(クリックして閲覧推奨)
alltrack.png
クリックが面倒な方は下記参照です。笑

1フルート
2シャリュモーA
2シャリュモーB
3リュートA
3リュートB
4バイオリンA
4バイオリンB
5リラ
6シンバル

私は「数字」「楽器」「A、B、C」と記述して管理しています。
数字=追加何個目の楽器か
楽器=楽器名
A、B、C=この楽器の何番目に追加したトラックか
です。
短ければ短いほどトラック管理が楽ですからね!
ちなみにタブをクリックしたまま左右に引っ張ると、順番を変更できます。

Before
trackchange.png

After
trackchange2.png
ねっ!

今回はメニューから選択して追加する方法を紹介しましたが、
作業が慣れてきたらショートカットキーを利用することをおすすめします。
「Ctrl+T」キーでパッと追加できます。

長くなってしまったので、「MabiIcco編」は別記事で書きます。
posted by 海崎みぎり at 16:05| Comment(0) | mml(ビギナー向け) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。